藍染め体験も人気 藍まつり今年も大盛況

由良川藍の作品を展示・即売する由良川藍まつりが、福知山市呉服町の明覚寺会館で開かれた。福知山藍同好会(塩見敏治会長/会員120人)主催。

約50人の会員がスカーフ、Tシャツ、ブラウス、タオルなど藍作品35種、約700点を出展。会場は濃淡の美しい藍色に染められ、作品を品定めする大勢の人々でにぎわった。

また会場内では、オリジナルハンカチを作る藍染め体験教室も開かれ、指導員が種から藍染めができるまでの工程を説明。来場者はビー玉、ボタン、輪ゴムなどを使って模様を付け、こだわりの一枚に染め上げていた。

会員の塩見勝美さん(74)は、「藍は全国にありますが、由良川藍は、私たちが種蒔きをして作った純粋な液で染め上げた自慢の藍。さわやかな色合いがどこにも負けない魅力です」とPRしていた。

同会は藍の種の無料配布をするなど、全国に向けて普及活動をしている。

☆DSC_0016

☆DSC_0073

☆DSC_0009

☆DSC_0082

☆DSC_0088

☆DSC_0034

☆DSC_0037

☆DSC_0051

☆DSC_0064



最新記事