実りの秋、黄金色の稲穂

福知山市岡ノの聖テレジア幼稚園(加藤彰子園長)の年長児38人が、同市堀の水田で稲刈り体験をした。

お米は、園児らがもみだねから育て、田植えしたキヌヒカリ。黄金色に実った稲穂を、園児たちはかまを使いながら丁寧に刈り取った。

収穫した米は、脱穀作業をした後、11月の収穫祭でおにぎりにして味わうという。

☆DSC_0484

☆DSC_0339

☆DSC_0358

☆DSC_0384

☆DSC_0396

☆DSC_0410

☆DSC_0412

☆DSC_0435

☆DSC_0439

☆DSC_0462

☆DSC_0473




最新記事