蓮正寺に迫力ある手作りの「巳」

福知山市荒河の蓮正寺(福山恵純住職)に、このほど、近くに住む福山公夫さん(75)の手作りの干支「巳」が届けられた。福山さんは趣味で彫刻などをしており、数年前から毎年、同寺に干支の置物を贈っている。

今回は小さいころ親しんだヘビの玩具をヒントに、孟宗竹に切り込みを入れてつなぎ合わせた。竹は一度焼いて、磨いてからニスを塗って仕上げ、口からは赤い舌をのぞかせ迫力がある。
来年1月10日ごろまで、同寺の本堂正面に展示している。

☆IMG_8809
手前が福山さん、後が前住職の福山恵慎さん

☆IMG_8812



最新記事