藍で交流、被災地の作品も並ぶ

第16回由良川藍まつり(福知山藍同好会主催)が福知山市中ノの市厚生会館で開催された。会員たちが種まきから染めまでを手掛け、心を込めて作った600点以上の作品を展示した。

今回は東日本大震災の被災地支援として、3月ごろから藍の種や染め布を送り交流を深めてきた岩手県の手芸グループや障害のある人たちが作った作品のコーナーを初めて設置。煮染めで淡いピンク色をしたものや、カエル、テントウムシを表現したものなど多彩な作品が並んだ。

午後からは市民藍染め体験教室もあり、参加者が思い思いの作品を作った。


☆IMG_7083

☆IMG_7075

☆IMG_7073

☆IMG_7059

☆IMG_7068

☆IMG_7060

☆IMG_7078

☆IMG_7054

☆IMG_7049

☆IMG_7046

☆IMG_7044



最新記事