チーム一丸で2連覇達成!

還暦野球の福知山倶楽部(中野嘉和代表)が10月12、13の両日、宮津市民球場で開かれた第8回ほくとしんきん杯 両丹軟式野球選手権大会で優勝し、2連覇を果たした。

59歳以上の選手による還暦の部は京都府下に13チームあり、今回の大会には亀岡以北の6チームが出場、福知山倶楽部は故障者が多くエースと4番打者が欠場する中、監督が選手として出場するなど、チーム一丸となって勝利をつかんだ。

中野代表は「主将のリーダーシップの下、控え選手ら普段なかなか活躍できない選手がチームを盛り上げてくれた」と大会を振り返った。

同チームには現在59~73歳の選手32人がおり、3~11月のシーズン中は週2回、練習や試合を行っている。

HP_P1010953.jpg



最新記事