特産「丹波くり」を満喫!

猪崎の三段池公園武道館で、丹波くりまつりが開かれた。丹波くり広域品評会や丹波くり即売、栗スイーツや地元農産物などのブースが並んだ。子どもたちに人気だったのは「イガ投げゲーム」のコーナー。大きなイガをゴム手袋でつかみ、穴の開いたボードに向かって、勢いよく投げていた。栗おこわや栗ぜんざいなどの販売もあり、多くの来場者が旬の味覚を楽しんでいた。

★IMG_4145hp

★IMG_4143hp

★IMG_4149hp

★IMG_4209hp

★IMG_4165hp

★IMG_4142hp

★IMG_4199hp

★IMG_4182hp

★IMG_4185hp

★IMG_4162hp

★IMG_4155hp

★IMG_4224hp

自然とハンドメイドを楽しむ

オープン7周年を迎えた福知山市長田上松の飲食店、GREENがマルシェイベントを開いた。
木々に囲まれた自然の中で、フラワーアレンジ、牛革のネームタグ作り、多肉植物の寄せ植えのワークショップがあり、家族連れらが体験を楽しんだ。店内ではピアノの生演奏もあり、来場者はゆったりとしたひとときを過ごしていた。

☆DSC_5593

☆DSC_5605

☆DSC_5610

☆DSC_5622

☆DSC_5631

☆DSC_5644

☆DSC_5666

D☆SC_5607

ゆらのガーデンでお散歩
ハッピーハロウィン!!


乳幼児と保護者が芝生の上でのびのびと遊んだり、お散歩をしたりするイベントが福知山市堀の商業施設、ゆらのガーデンで開かれた。 福知山市とおひさまと風の子サロンが「おひさまひろば」のイベントとして開催し、約140人が参加した。

参加者たちは芝生広場の上で、体操やかけっこを楽しんだ後、ハロウィンをイメージしたマントを身に付けて、ガーデン内に隠されたキャラクター(アンパンマン)を探すシールラリーに挑戦。同施設内の店舗が協力し、参加者にお菓子や商品券などをプレゼントした。

子どもたちは舞い上がる無数のシャボン玉に歓声をあげたり、特別に設置した記念撮影スポットでポーズをとったりしながら、楽しいひとときを過ごしていた。

☆DSC_4921

☆DSC_4899

☆DSC_4908

☆DSC_4936

☆DSC_4939

☆DSC_4963

☆DSC_4973

☆DSC_4977

☆DSC_4979

☆DSC_4991

☆DSC_5005

☆DSC_5013

☆DSC_5027

☆DSC_5035

☆DSC_5038

☆DSC_5040

☆DSC_5128

☆DSC_5144

☆DSC_5192

福知山でアートを満喫

京都を代表する芸術家98人の100作品を展示する「KYOTO・アート6 - 芸術めぐり -」が福知山市内で9月22日から30日まで(30日は台風のため閉館)開かれた。

東京2020オリンピック・パラリンピックに向け、京都府全体で文化・芸術を盛り上げていくため、京都府と京都文化力プロジェクト実行委員会が主催。市佐藤太清記念美術館、市丹波生活衣館、市民交流プラザふくちやまの3会場に、いけばな、工芸、写真、書、彫刻、日本画の6分野で活躍する作家の作品が並んだ。

22~24日には、体験教室やギャラリートークなどのイベントも開かれ、3日間で約2,500人が会場を訪れ、レベルの高い作品を鑑賞した。

22日は、市民交流プラザ福知山でいけばな体験があり、子どもから大人まで約20人が華道家のアドバイスを受けながら、菊やネリネなど秋の花を使った作品作りに挑戦。それぞれが芸術の秋を満喫していた。

関連記事はこちら

撮影:初日9月22日

▼福知山市佐藤太清記念美術館(~9月30日) 
いけばな・工芸・書・彫刻・日本画 

☆DSC_4177

☆DSC_4179

☆DSC_4180

☆DSC_4184

☆DSC_4192

▼福知山市丹波生活衣館(~9月30日) 
工芸・写真・彫刻

☆DSC_4202

☆DSC_4205

☆DSC_4207

☆DSC_4213

☆DSC_4217

▼市民交流プラザふくちやま(ギャラリー) (~9月26日) 
写真・書・彫刻・いけばな  ※いけばなは24日まで

☆DSC_4221

☆DSC_4222

☆DSC_4226

☆DSC_4229

☆DSC_4231

☆DSC_4232

☆DSC_4239

☆DSC_4247

☆DSC_4248

☆DSC_4264

☆DSC_4277

アイデアで子育てを楽しく♪
ママは名カメラマン♡


スマートフォンを使って我が子を可愛く撮影するイベントが福知山市猪崎の市武道館 剣道場で開かれた。 福知山市とおひさまと風の子サロンが子育てイベント「おひさまひろば」として0歳児の親子を対象に開催し、120人が参加した。

フォトスタジオ、ファンズの芦田美紀子代表が講師を務め、子どもの写真の上手な撮り方テクニックをアドバイスした後、撮影会がスタート。様々な背景素材やアイテムを用いた7パターンの撮影コーナーに参加者たちは列を作り、母親たちは我が子をモデルにアーティスティックでユニークな撮影を楽しんだ。

☆DSC_3930

☆DSC_3946

☆DSC_3951

☆DSC_3957

☆DSC_3959

☆DSC_3964

☆DSC_3969

☆DSC_3974

☆DSC_3976

☆DSC_3983

☆DSC_3985

☆DSC_3997

☆DSC_4001

☆DSC_4007

☆DSC_4013

☆DSC_4021

☆DSC_4024

☆DSC_4044

☆DSC_4051

☆DSC_4058

☆DSC_4063

☆DSC_4072

☆DSC_4087

☆DSC_4098

☆DSC_4104

☆DSC_4105

☆DSC_4111

☆DSC_4120

☆DSC_4126

☆DSC_4136

☆DSC_4144

☆DSC_4151

☆DSC_4160

☆DSC_4171



最新記事